> > 太陽光発電の電力を全て地産地消 福島県相馬市に送配電・小売の新会社

太陽光発電の電力を全て地産地消 福島県相馬市に送配電・小売の新会社

 印刷 記事を保存

IHI(東京都江東区)は6月7日、福島県相馬市、パシフィックパワー(東京都千代田区)と、同市内における太陽光発電による電力の地産地消と地域振興を目指し、特定送配電(小売供給含む)や小売電気事業を行う「そうまIグリッド合同会社」を設立したと発表した。

同社は、2017年度後半に小売電気事業を、2018年度に特定配送電事業を開始する予定で準備を進めている。出資比率はIHIが85%、相馬市が10%、パシフィックパワーが5%。

IHIと相馬市は、再生可能エネルギーより発電した電力全量を系統に接続することができないという現状の課題を解決するため、2015年1月に共同研究を開始した。

(※全文:760文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.