> > 2017年、世界の太陽光発電導入量は75~80GW カギは中国市場

2017年、世界の太陽光発電導入量は75~80GW カギは中国市場

 印刷 記事を保存

資源総合システム(東京都中央区)は6月9日、2017年の世界の太陽光発電システムの導入量は75~80GWで、2018年も同水準の市場規模との見通しを示した。この導入量は、同社が加盟する調査機関、PV Market Alliance(PVMA)と共同で分析・発表したもの。

中国を除く世界の新規導入量は、2015年の35GW、2016年の40GWから、2017年・2018年は45GWに増加すると見込まれている。

つまり、世界の導入量を左右する鍵を握っているのが中国市場で、同社は中国市場の予想導入量を加えると、世界での2017年の導入量は75GWを上回り、80GWに到達する可能性があるとみている。

2018年は中国市場が縮小傾向に転じる見込みだが、それでも世界全体で70GW台は維持する見通し。その理由として、新たな普及支援施策による新興市場の発展の加速や、欧州市場が活性化される可能性をあげている。

一方、成長が安定化した市場の下では、太陽光発電産業は継続的に低価格に対応せざるを得ず、財務状況への懸念が生じる可能性があるとも指摘する。しかし、価格低減は、新市場の開拓意欲を加速し、既存市場の堅調な推移に大きく貢献するとみている。

今回発表した見通しの詳細は、7月末に発刊されるPVMAの報告書「PV Market Alliance Market Report」第3版に掲載する予定。また、7月5日(水)~7日(金)にパシフィコ横浜で開催される「PVJapan2017」の同社ブースにおいても、PVMAのレポートおよび同社で発行するレポートを見ることができる。

資源総合システムは、太陽光発電専門のシンクタンク・コンサルティング企業。顧客の太陽光発電事業の支援および事業の強化・支援に資するサービスを提供しており、国内外に対して太陽光発電に関する各種レポート等も発刊している。

PV Market Alliance(PVMA)について

PV Market Alliance(PVMA)は、中国、欧州、日本および米州の太陽光発電・集光型太陽光発電(CPV)の専門家により2014年に設立された調査機関で、世界の太陽光発電市場に関する情報を提供している。

参加している調査団体・企業は、資源総合システム(日本・東京)、Asia Europe Clean Energy(Solar) Advisory(AECEA)(中国・香港)、Becquerel Institute(ベルギー・ブリュッセル)、Creara(旧:Eclareon Spain)(スペイン・マドリード)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.