> > 気温予測・IoTでエアコンを快適運転 URなど、省エネ住宅の実証実験

気温予測・IoTでエアコンを快適運転 URなど、省エネ住宅の実証実験

 印刷 記事を保存
気温予測・IoTでエアコンを快適運転 URなど、省エネ住宅の実証実験

実証実験「気象予測等を活用したエアコン稼働による省エネルギー化及び快適性向上に関する研究」イメージ
こちらをクリックすると拡大します

都市再生機構(UR/神奈川県横浜市)、環境エネルギー総合研究所(EER/東京都中央区)、日本気象協会(JWA/東京都豊島区)、インターネットイニシアティブ(IIJ/東京都千代田区)、中部電力(愛知県名古屋市)は6月7日、快適な低炭素化住宅の実現を目指し、気温予測等にもとづき、UR賃貸住宅でエアコンを制御する共同研究に取り組むことで合意したと発表した。

この共同研究は、気象データと、エアコンに設置したIoTタップから収集した消費電力量や室内環境等のデータをもとに、既存の「エアコン適正稼働モデル」を用い、エアコンの効率運転を検証するもの。各社の技術を融合し、快適な低炭素住宅の実現を目指す。共同研究の実施期間は、2019年3月までの予定。

まずは2017年10月頃から、首都圏・中部圏のUR賃貸住宅において実証実験の開始を目指す。実証の方法は、首都圏・中部圏のUR賃貸住宅より募集した計100戸程度のモニタ世帯を対象に、IoTタップを設置。これにより、消費電力量や室内環境等を計測し、共同研究プラットフォームにてデータを収集・管理し可視化する。

また、気象データと収集データをもとに、既存の「エアコン適正稼働モデル」を用い、エアコンの効率運転について検証を行う。実証実験は、約1年間を予定している。

実証実験では、URがモニタ住宅の要件整理を行い、JWAが気象データの提供を行う。EERは収集データの分析・評価およびエアコン運用手法の提供、IIJはモバイルとIoTサービスを活用した共同研究プラットフォームの構築、中部電力は事業の全体統括と省エネ支援の提供をそれぞれ担う。

今後、EER、JWA、IIJ、中部電力の4社は、最新のAIおよびIoT技術を用いて、生活を豊かにする「コネクテッド・ホーム(ネットワークにつなげることで、暮らしの利便性を高めた家。スマートホーム)」の実現を目指すと共に、スマートウェルネス住宅やゼロエネ住宅の推進ににも貢献していきたいとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.