> > 今こそ国内生産! アンフィニ、福島県に太陽光発電モジュール工場新設

今こそ国内生産! アンフィニ、福島県に太陽光発電モジュール工場新設

 印刷 記事を保存
今こそ国内生産! アンフィニ、福島県に太陽光発電モジュール工場新設

アンフィニ(大阪府大阪市)は6月8日、福島県双葉郡楢葉町に、国内最大級となる最新設備を導入した結晶系太陽光発電モジュール製造工場を新設、その竣工式を7月6日(木)に開催すると発表した。

同工場では、フルオートメーションの最新設備を導入し、高効率・高品質の太陽光発電モジュールを製造する。工場の敷地面積は約10,000坪、延床面積は約5,000坪で、鉄骨2階建。

工場屋根全面には、5,688枚の太陽光発電モジュールを設置し、約1.5MWの発電設備を備える。また、約1.2MWhの蓄電設備も設置した。総工費は75億円。営業開始日は7月3日(月)。

「福島復興」の思いを込めて同地に建設

福島県は、県内エネルギー需要の100%を再生可能エネルギーで生み出すことを目標に掲げている唯一の都道府県である。また、再生エネルギーは地球に優しいエネルギーのため、その導入促進が世界規模で推し進められている。

一方、同県の被災地では、地元に戻りたくても仕事がなくて戻れないという人たちも多い。この新工場では、同県で再生エネルギー製品を創り、さらに「雇用」を生むことで、復興の推進に向けて一翼を担うことも目的としている。

同社はこの新工場について、太陽光発電モジュールを国内生産し「福島復興」への想いを込めると説明しており、約70名の採用が確定している。

なおアンフィニは、太陽光発電モジュールの製造、PPS事業(ジャパン電力)、自然エネルギー発電所運営事業、自然エネルギー商材製造販売事業、建築事業を手掛けるエネルギーの総合企業である。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.