> > シンガポールのビル屋上で広がる、タワー型水耕栽培での野菜生産

シンガポールのビル屋上で広がる、タワー型水耕栽培での野菜生産

 印刷 記事を保存

近年、シンガポールでは都市住民が共同で運営するようなコミュニティー・ガーデンが人気となっている。以前ではシンガポールでも車で30分~1時間近く行かなければ野菜の生産農場は無かったが、最近では露地、植物工場、水耕栽培・アクアポニクスなど、様々な生産方式にて運営する屋上菜園も増え、都市住民にも普及しつつある。

2万人以上がコミュニティー・ガーデンに参加 大学での研究、会社による屋上菜園の設置など事例も多数あり

シンガポールは緑の多い国として知られているが、これは政府による計画的な施策によって普及している。

例えば、シンガポール国立公園局によって2005年から推進されたガーデニングの普及プログラム「ブルーム・プログラム」によって、今日までに約1000カ所以上のコミュニティー・ガーデンが設置され、2万人以上の住民が参加している。


この記事は、たとえば

  • 施設の有効活用を検討する担当者にとって、屋上の有効活用方法として参照できます。
  • 企業で新ビジネスを検討する担当者にとって、海外で展開されている都市型農業の新形態として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.