> > 山口県・愛媛県、排水そのものを減らす「総量削減計画」を策定

山口県・愛媛県、排水そのものを減らす「総量削減計画」を策定

 印刷 記事を保存

環境省は6月14日、山口県と愛媛県が、水質汚濁防止法に基づく「総量削減計画」を策定したと発表した。その他の関係都府県でも、6月中を目途に公表される予定。

「総量削減計画」は、同法第4条の3の規定により、2016年9月に環境大臣が定めた「総量削減基本方針」に基づき、関係都府県の知事によって策定されるもの。

関係都府県は、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、福岡県、大分県の計20都府県である。環境大臣への協議は2017年5月30日付けで終了した。

同計画では、COD(化学的酸素要求量)、窒素含有量およびりん含有量のそれぞれについて、目標年度である2019年度における各都府県の生活排水、産業排水などの発生源別の削減目標量と、その削減目標量を達成するための方途、その他汚濁負荷量の総量の削減および水環境の改善に関し必要な事項が定められている。

各都府県の実情に応じて定められた事項は以下の通り。

(※全文:1205文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.