> > 水素ステーション向けの日本製「熱交換器」、新技術として国際的受賞

水素ステーション向けの日本製「熱交換器」、新技術として国際的受賞

 印刷 記事を保存

日本冶金工業(東京都中央区)と神戸製鋼所(兵庫県神戸市)は6月15日、水素ステーション向け熱交換器「DCHE(Diffusion bonded Compact Heat Exchanger)」が、ISSF主催のニューアプリケーション賞の「新技術」分野で銀賞を受賞したと発表した。

この水素ステーション向け拡散接合型コンパクト熱交換器は、素材となるステンレス鋼を日本冶金工業が提供し、神戸製鋼が長年蓄積した熱交換器の技術を用い、2012年に開発を行った製品。

水素ステーションでは、主要機器である水素圧縮機やプレクーラー、ディスペンサー内において、水素を目的の温度に冷却するために、熱交換器が使用されているが、同製品は、従来の2重管式の熱交換器よりコンパクトなものが求められていたことを受け開発されたもの。

拡散融合に溶接、従来品比約5倍の伝熱面積

同熱交換器はステンレスのプレートに幅1~2ミリの微細な流路を加工、積層し、拡散接合を行っている。拡散接合は、溶接方法のひとつで、材料同士を密着させ、高温で加熱しながら加圧する事で原子レベルで結びつける。

(※全文:1174文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.