> > 環境省、「SBT」を策定してサプライチェーン排出量を算定する企業を公募

環境省、「SBT」を策定してサプライチェーン排出量を算定する企業を公募

 印刷 記事を保存

環境省は6月16日、「パリ協定」に貢献する「Science Based Targets(SBT/科学と整合した目標設定)」によるCO2削減目標の策定と、サプライチェーン排出量の算定を行う企業を募集すると発表した。

本事業では、SBTの策定、サプライチェーン排出量の算定の双方について、1回の合同勉強会と、基本2回の策定検討⽀援⾯談の2つで支援を行う。

「Science Based Target(SBT)」とは

2015年12月にCOP21で採択されたパリ協定では、世界共通の長期目標として、産業革命前からの平均気温の上昇を2度未満にすることが盛り込まれている。

このパリ協定の採択を契機に、「Science Based Targets(SBT)(科学と整合した目標設定)」という、2度目標に整合した意欲的な排出削減目標を設定する企業を認定する国際イニシアティブが大きな注目を集めている。

また、サプライチェーン全体での排出量(スコープ1、2、3※)の算定は、サプライチェーン上で優先的に削減すべき対象の特定、また、他の事業者との連携による効果的な削減につながるものであり、事業者の取り組みが進んでいる。

環境省としても、企業が気温上昇2度目標に整合した意欲的な目標を設定し、サプライチェーン全体で効果的に削減を進めることは、日本の削減目標の達成、ひいてはパリ協定の達成に効果的と考え、今年度、「SBTの策定」と、「サプライチェーン排出量の算定を行う企業」を募集することとした。なお、両方の事業に申し込むこともできる。

また、本事業に関する募集は、環境省から委託を受けたみずほ情報総研が実施する。募集期間は7月7日(金)(当日消印有効)まで。募集企業数は30企業(2事業併せて)。

(※全文:1571文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.