> > 再エネ導入の方向性などがわかる 国土交通省の「ダム再生ビジョン」

再エネ導入の方向性などがわかる 国土交通省の「ダム再生ビジョン」

 印刷 記事を保存

国土交通省は6月27日、頻発する洪水・渇水の被害軽減や再生可能エネルギー導入に向けて、既設ダムを有効活用する「ダム再生」を加速する方策を示す「ダム再生ビジョン」を策定し公表した。

本ビジョンでは、ダムの長寿命化、施設能力の最大発揮のための柔軟で信頼性のある運用や高機能化のための施設改良など、既設ダムの有効活用を加速するための方策をとりまとめている。

今後のダム再生の方向性については、流域の特性や課題に応じた、ソフト・ハード対策の両面からの推進を提言している。

たとえば既設ダムの有効活用については、長寿命化、効率的かつ高度なダム機能の維持、治水・利水・環境機能の回復・向上、地域振興への寄与などの観点から行うことをあげている。

(※全文:1564文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.