> > 日本が海外に売れる商品は「インフラ」だ! 環境省が基本戦略を策定

日本が海外に売れる商品は「インフラ」だ! 環境省が基本戦略を策定

 印刷 記事を保存

環境省は7月25日、途上国へのインフラシステム輸出戦略の環境関連部分を具体的かつ総合的に進めるため、「環境インフラ海外展開基本戦略」を策定したと発表した。

これにより、日本の先進的な技術・ノウハウ・制度を途上国に展開することで、途上国の環境改善に貢献するとともに、わが国のビジネス展開に寄与することをねらう。

途上国の経済成長等による廃棄物や公害、温暖化の問題に対しては、廃棄物処理施設や再エネ省エネ設備等のすぐれた環境インフラを早期に導入・普及することにより公害被害や対策のコストを減らし、トータルの環境対策のコストを最小化する「一足飛び型」の発展をめざす必要がある。

そこで「インフラシステム輸出戦略」(2017年度改訂版)における従来からの気候変動の緩和分野に加え、廃棄物分野が位置づけられたのを踏まえ、本基本戦略が今回、策定された。

同戦略における主要な取り組みは、下記のとおり。

(※全文:912文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.