> > DIC、工場遊休地にメガソーラー建設 自社目標のCO2削減量達成のため

DIC、工場遊休地にメガソーラー建設 自社目標のCO2削減量達成のため

 印刷 記事を保存
DIC、工場遊休地にメガソーラー建設 自社目標のCO2削減量達成のため

メガソーラーを導入する鹿島工場

DIC(東京都中央区)は7月31日、茨城県神栖市にある同社鹿島工場の遊休地に、メガソーラーを新たに設置すると発表した。

これは地球温暖化対策のためにCO2の排出量削減を目的としたもので、発電した電力は工場内で使用する。発電出力は1,600kW(年間発電量:1,700MWh/年)で、工場のCO2排出量は、2016年比で約3%の削減になるとしている。着工は2017年8月で、2018年1月の竣工予定。

同社グループでは、2016年度から「温室効果ガスの排出量(絶対量)を毎年1%削減し、2020年までに、2013年を基準に7%削減」する中期目標を独自に設定している。今回の効果をグループ全体で評価すると、2013年比で0.2%の削減に寄与するという。

コージェネやバイオマスボイラなどでもCO2を削減

同工場は、コージェネレーションシステムやバイオマスボイラ、風力発電等の再生可能エネルギーを導入し、購入電力とのベストミックスに取り組んでいる。

これらの取り組みにより同工場ではCO2を年間約25,900t削減しているが、メガソーラー導入により、さらに年間1,200tのCO2削減を実現する。

同社グループは、工場・研究所・オフィスなどから排出するCO2の削減に継続して取り組んでおり、今後も全体的な温室効果ガスの削減に努め、サステナブルな社会の実現に貢献していくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.