セブンイレブン、水素・燃料電池利用スタート 店舗も物流も省エネ・低炭素化

  • 印刷
  • 共有
共同プロジェクトの全体像
 こちらをクリックすると拡大します
共同プロジェクトの全体像 こちらをクリックすると拡大します

セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)とトヨタ自動車(愛知県豊田市)は、CO2大幅排出削減を目指した次世代型コンビニ店舗の共同プロジェクトを2019年秋より順次開始すると発表した。

同プロジェクトでは、セブン-イレブンの店舗と物流に、トヨタの技術やシステムを導入して、CO2排出削減や水素を活用した環境負荷低減に取り組む。まず、2019年春ごろに首都圏でトヨタの燃料電池小型トラック(FC小型トラック)2台を導入、2019年秋ごろからは、さらに再生可能エネルギーの比率を高めた、次世代型店舗への取り組みを推進していく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報