> > 福井県小浜市、廃棄物処分場跡地で太陽光発電 土砂災害での孤立時対策に

福井県小浜市、廃棄物処分場跡地で太陽光発電 土砂災害での孤立時対策に

 印刷 記事を保存

エコスタイル(東京都千代田区)は10月13日(金)、福井県小浜市仏谷にある市有地、「小浜市一般廃棄物最終処分場跡地」において、太陽光発電事業を開始した。

この事業は、エコスタイルが、約23年間稼働していた小浜市一般廃棄物最終処分場処分場(1986年~2009年、10,832平方メートル)跡地を賃借し、発電容量649kWの太陽光発電事業を実施するもの。同時に、仏谷地区において、同市と協働で発電所を活用した減災・環境教育に取り組むものだ。

同発電所は、廃棄物最終処分場の旧管理棟を改修し、ここに発電システムと接続したポータブル蓄電池を常設することで、日中は管理棟からの給電、夜間はポータブル蓄電池による給電を可能とした。

(※全文:959文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.