> > 東京都のLED電球無料交換、1カ月強で約66000個に ピコ太郎効果か

東京都のLED電球無料交換、1カ月強で約66000個に ピコ太郎効果か

 印刷 記事を保存

東京都は8月15日、「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」で行っているLED電球交換実績が、開始後35日間で65,953個だったと発表した。同時に9月上旬からは、直接店舗に出向けない人を対象とした「代理受領」もできるよう調整していくと発表した。

この事業は、家庭の省エネを促進するため、地域の家電店(都に登録された参加協力店)で、白熱電球2個以上をLED電球1個と交換し、省エネアドバイスを行うもの。発表された実績は、7月10日から8月13日までの35日間の結果だ。

交換できる白熱電球は、家庭で使用中のもので消費電力が36W以上、2個のうち1個は口金サイズがE26であることが要件となる。

なお、参加協力店として登録された地域の家電店は831店(6月20日時点)。この参加協力店に、要件を満たす白熱電球2個以上を持参すると、電球40W相当または60W相当のLED電球(口金のサイズがE26、電球の形状がA型)に交換することができる。

(※全文:1099文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.