> > 宮城県最大規模の風力発電、地銀がプロジェクトファイナンスで融資

宮城県最大規模の風力発電、地銀がプロジェクトファイナンスで融資

 印刷 記事を保存

七十七銀行(宮城県仙台市)は、宮城県石巻市で実施される風力発電事業「ユーラス石巻ウインドファーム」にプロジェクトファイナンス方式による融資契約を締結し、56億円を融資すると発表した。

「ユーラス石巻ウインドファーム 」は、ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区)が実施する、同県内最大規模となる風力発電事業。

同風力発電事業は、環境省が東日本大震災の被災地において再生可能エネルギーの導入を加速し、地球温暖化対策に配慮した復興の実現に資することを目的として実施した「平成23年度再生可能エネルギー事業のための緊急検討委託業務」に基づき計画され、実施されるもの。

(※全文:638文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.