> > ニューヨークのNPO、植物工場を導入した地産地消・食育センターを建設

ニューヨークのNPO、植物工場を導入した地産地消・食育センターを建設

 印刷 記事を保存

米国ニューヨークにて、利用されていなかった空スペースが、幅広い機能を持つコミュニティ・エリアとして再利用される。「ファームハウス」と名付けれた建物(約315m2)には、植物工場も導入され、地産地消や食育を行うスペースとして稼働する。

メインの運営・依頼者は、古くから地元で活動するNPO団体のGrowNYC。同団体は、サステナビリティを理念にかかげ、毎年3万人の子供達へ環境や農業、食育などの教育活動を行っている。


この記事は、たとえば

  • 都市型農業を計画・運営する事業者にとって、海外での施設の利用事例として参考になります。
  • 植物工場関連の製品・サービス提供側事業者にとって、海外での導入事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.