> > F-Power、OCCTOに指導される 「需要計画・調達計画が乖離しすぎ」

F-Power、OCCTOに指導される 「需要計画・調達計画が乖離しすぎ」

 印刷 記事を保存

電力広域的運営推進機関(OCCTO)は8月25日、電気供給事業者のF-Power(東京都港区)に対して、計画値同時同量制度下における電気の安定供給の確保にかかわる指導を行ったと発表した。

F-Powerは、2017年4月1日~6月30日、複数エリアにおいて、合理的な需要予測と大きく乖離した不適切な需要計画と調達計画を頻繁に提出し、計画内不一致(調達計画と販売計画との差が合理的な予測に基づく需要計画と一致していないこと)を発生させるという、送配電等業務指針に照らして不適切な行為を繰り返した(表1)。また同期間、複数エリアにおいて、頻繁かつ相当量の供給力不足を発生させた(表2)。そこで同機関は、業務規程に基づき、同社に対する指導を行った。

(※全文:1545文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.