> > 日本の木質ペレット自給率、さらにダウンして20%に 国内生産 < 輸入

日本の木質ペレット自給率、さらにダウンして20%に 国内生産 < 輸入

 印刷 記事を保存

林野庁は9月7日、2017年の木質粒状燃料(木質ペレット)の国内生産量は12.7万トンで、前年から0.6万トン(5.3%)増加したと発表した。用途別に見ると、燃料用としての生産がほとんどを占め、12.2万トン(構成比96.5%)となっている。

また、木質ペレットの工場数は岐阜県、奈良県など6県で計6工場増加する一方で、群馬県、新潟県など6府県で計7工場減少したことから、前年比1工場減の147工場となった。

国内生産量トップ4県は前年と同じ、5位に高知県

都道府県別に生産量を見ると、上位5位は、岡山県(28,803トン、製材残材中心)、沖縄県(20,255トン、建設発生木材中心)、宮崎県(13,984トン、丸太・林地残材中心)、北海道(6,324トン、丸太・林地残材中心)、高知県(5,031トン、製材残材が主)だった。1位~4位までの順位は2016年と変わらなかったが、高知県の生産量が秋田県の生産量(4,901トン、製材残材が主)を上回り、5位が入れ替わった(2016年の秋田県の生産量は5,669トン)。

(※全文:1230文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.