日本の木質ペレット自給率、さらにダウンして20%に 国内生産 < 輸入

  • 印刷
  • 共有
木質粒状燃料(木質ペレット)生産量及び工場数の推移
 こちらをクリックすると拡大します
木質粒状燃料(木質ペレット)生産量及び工場数の推移 こちらをクリックすると拡大します

林野庁は9月7日、2017年の木質粒状燃料(木質ペレット)の国内生産量は12.7万トンで、前年から0.6万トン(5.3%)増加したと発表した。用途別に見ると、燃料用としての生産がほとんどを占め、12.2万トン(構成比96.5%)となっている。

また、木質ペレットの工場数は岐阜県、奈良県など6県で計6工場増加する一方で、群馬県、新潟県など6府県で計7工場減少したことから、前年比1工場減の147工場。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事