> > 2018年度のZEB実証事業、採択された36事業が公開 3件が「ZEB」に

2018年度のZEB実証事業、採択された36事業が公開 3件が「ZEB」に

 印刷 記事を保存

環境共創イニシアチブ(SII/東京都中央区)は、12月4日に東京で開催され、12月6日に大阪で開催される「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業 調査発表会2018」の当日発表資料をウェブサイトで公開した。

SIIは、経済産業省と環境省が連携して実施する、建築物のZEB化を支援する補助事業「ZEB実証事業」を執行している。この調査発表会は、今後のZEB普及の一助となることを目的に、SIIが「ZEB実証事業」を調査分析した結果や、先進的なZEB実証事例、ZEBプランナーによるZEB普及に向けた取り組みなどを広く共有するため開催するものだ。

エネルギー基本計画においては、2020年までに新築公共建築物等で、2030年までに新築建築物の平均でZEBの実現を目指すことが掲げられている。ZEB実証事業において経済産業省は、延床面積2,000平方メートル以上の民間建築物を対象(経産省ZEB)に、環境省は、地方公共団体等の建築物、延床面積2,000平方メートル未満の民間建築物を対象(環境省ZEB)に補助事業を行っている。

2018年度、ZEB(100%以上省エネ)が3件

SIIによるZEB実証事業の主な調査結果は以下の通り。

(※全文:1566文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.