> > 飲食店や食品工場からの排水にまざる油脂、分離して発電用燃料化に成功

飲食店や食品工場からの排水にまざる油脂、分離して発電用燃料化に成功

NEDOは9月8日、ティービーエム(埼玉県所沢市)と共同で、飲食店や食品工場で生じる油脂を原料とした発電用燃料の製造に、日本で初めて成功したと発表した。また同時に、この燃料を利用して発電する100KVA規模の発電機を搭載し、国内最大級のバイオマス発電車を開発した。

NEDOは今回の成果として、「排水を浄化する過程で分離回収した排水油脂の発電用燃料化に成功」したことと、「排水浄化から生み出すグリーン電力を供給する国内最大級『バイオマス発電車』の完成」をあげている。

「廃食用油」(使用済み植物油)のバイオディーゼル燃料へのリサイクル例はあるが、グリース阻集器(グリース・トラップ※)などの排水浄化プロセスで収集されるトラップグリースは、再資源化が難しく、産業廃棄物として焼却処分されていた。

今回、ティービーエムは、排水から分離回収した動物性油脂を精製改質する技術開発を進め、化学薬品を一切使用せず、副産物も出さない、発電用燃料化に成功した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.