> > パリ、2020年までにグリーンシティ化 33haの都市型農場を整備する計画

パリ、2020年までにグリーンシティ化 33haの都市型農場を整備する計画

 印刷 記事を保存

フランスのパリ市内にて都市型農場が次々にオープンしている。例えば、中間所得者が多く住むパリの東エリアにある建物屋上では、今年の7月にオーガニック・ファームがオープンした。 建物は、パリ交通公団(RATP)が所有するもので、RATPは、パリとその周辺部の公共交通機関を運営する事業者である。

屋上ファームでは、紫色のバジル、チョコレートやバナナの香りのするミント等、フレンチ料理でも利用できそうなハーブ野菜を中心に栽培されている。このほかにも、ズッキーニを栽培し、花も摘み取りエディブルフラワーとして利用している。


この記事は、たとえば

  • 農業振興策を検討する自治体・政府関係者にとって、海外の政策事例として参考になります。
  • 植物工場ビジネスの海外展開を検討する事業者にとって、海外の市場動向として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.