> > 佐川急便、幹線輸送をモーダルシフト CO2やドライバー運行時間を削減

佐川急便、幹線輸送をモーダルシフト CO2やドライバー運行時間を削減

 印刷 記事を保存

佐川急便(京都府京都市)は9月11日、愛知県~岩手県の宅配便幹線輸送をトヨタ輸送(愛知県豊田市)の部品輸送専用列車「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」を活用した異業種共同によるモーダルシフトに移行し、9月下旬から運用開始することを発表した。

これにより、トラック輸送にかかるドライバーの運行時間は年間1,685時間省力化され、年間83.5トンのCO2が削減される。省力化と環境負荷低減を実現することが可能となることから、国土交通省が物流分野における省力化・環境負荷低減を推進するために2016年10月に改正した「改正物流総合効率化法」の規定により、総合効率化計画として認定された。

今回のモーダルシフトでは、通常トラックで輸送を行っている中部エリア(愛知県、岐阜県、三重県の一部)から東北エリア(青森県、秋田県、岩手県の一部)宛の宅配便(31フィートコンテナ1台分)を、鉄道輸送に切り替える。

(※全文:818文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.