> > 東京電力、CO2削減できる法人向けガス料金発表 グリーン熱証書活用

東京電力、CO2削減できる法人向けガス料金発表 グリーン熱証書活用

 印刷 記事を保存

東京電力エナジーパートナー(東京電力EP/東京都港区)は9月14日、使用する都市ガスのCO2排出量を「グリーン熱証書」を活用して削減できる、国内初の法人顧客向けガス料金プランの販売を開始した。

同プラン「TEPCOグリーン+ガス」は、東京電力EPが日本自然エネルギー(JNE/東京都品川区)からグリーン熱証書を調達し、その環境価値を都市ガスと合わせて顧客に提供するもので、証書に記載された熱量(メガジュール)相当分のCO2を削減できる。

対象は、原則として、都市ガスの契約量が年間50万立米以上で、供給区域が東京ガスの東京地区等に該当する顧客。選択するCO2削減率は10%以上が利用要件。料金は、このプランで使用する都市ガスに対して、CO2削減率相当のグリーン熱証書に応じた環境付加価値分を料金として含んだものとなる。具体的には顧客の契約内容に応じて個別に決定する。

(※全文:1144文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.