> > 日本政府、ASEAN+3で廃棄物・リサイクル分野研究など提案

日本政府、ASEAN+3で廃棄物・リサイクル分野研究など提案

 印刷 記事を保存

環境省は9月14日、「第15回 ASEAN+3(日中韓)環境大臣会合」の結果について公表した。

この会合は、9月13日にブルネイ・バンダルスリブガワンにて開催され、ASEAN10ヵ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)と日本、中国、韓国の環境大臣等が出席した。

日本からは伊藤忠彦環境副大臣が出席し、廃棄物・リサイクル分野をはじめとする様々な環境分野での協力を抜本的に強化するための「日ASEAN環境協力イニシアティブ」を提案するとともに、「環境インフラ海外展開基本戦略」に基づく二国間協力の推進を呼びかけた。

伊藤副大臣の発言は下記の通り。

(※全文:1438文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.