> > 蓄電システムをAIで効率化する実証実験 オペレータの業務代替めざす

蓄電システムをAIで効率化する実証実験 オペレータの業務代替めざす

 印刷 記事を保存

GSユアサ(京都市南区)とNTTコミュニケーションズ(NTTコム/東京都千代田区)は9月29日、AIを用いた蓄電システムの状態監視に関する実証実験を開始することを発表した。

この実証実験では、稼働中の蓄電池システムを構成する定置用リチウムイオン蓄電池から取得した電圧や電流などの時系列センサーデータを、ディープラーニング(深層学習)を用いてAIに学習させ、電池の状態監視を行うシステムの基盤構築と検証を行う予定。蓄電池システムの測定データをネットワーク経由で収集し、そのビッグデータを、経験を積んだオペレーターの代わりにAIが分析する。

これまでの蓄電池の状態監視では、定期点検・自動測定で収集された電圧や電流などのパラメータを用い、あらかじめ想定した関係式やしきい値(境目となる値)で判断するか、経験を積んだオペレーターが分析して診断を行っていた。

(※全文:1420文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.