> > 政府の「廃棄物処理・3Rを促進する社会づくり」、長期計画の指針8つ

政府の「廃棄物処理・3Rを促進する社会づくり」、長期計画の指針8つ

 印刷 記事を保存

環境省は10月2日、新たな循環型社会形成推進基本計画の策定のための具体的な指針が中央環境審議会会長から環境大臣へ意見具申されたと発表した。

循環型社会形成推進基本計画は、廃棄物などの3R(リデュース・リユース・リサイクル)を促進し環境への負荷を低減する社会づくりに向けた方針や施策等をまとめたもの。この指針では、日本の循環型社会形成に向けて中長期的な方向性を設定し、そこから振り返って何をすべきかを検討し、以下の8つを柱とする取り組みを示し、戦略的に進めることとしている。

次期の循環型社会形成推進基本計画で柱とされる8つの指針は下記の通り。

(※全文:1418文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.