> > パナソニック、非住宅向けの蛍光灯も生産終了へ LED照明の普及めざす

パナソニック、非住宅向けの蛍光灯も生産終了へ LED照明の普及めざす

 印刷 記事を保存

パナソニック エコソリューションズ社(大阪府門真市)は、2019年3月末に非住宅市場向けの蛍光灯照明器具の生産を終了し、すべての分野での蛍光灯照明器具の生産を終了すると発表した。今後は、より省エネ性が高く、長寿命を特長とするLED照明器具への移行を推進する。

政府と日本照明工業会は、2020年までに高効率次世代照明の占有率をフロー(流通量)で100%とする等の目標を掲げており、蛍光灯照明器具の生産終了はそれに基づく措置。

同社は、2016年3月末に住宅市場向け蛍光灯照明器具の生産を終了している。非住宅市場向けについては、まず2018年4月末に黒板灯など用途別照明器具の一部、階段通路誘導灯を含む非常用照明器具(電池内蔵型)の一部、非常用ダウンライトの約70品番の生産を終了する。

(※全文:1094文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.