> > 燃料電池+太陽電池を融合させる新触媒 九州大学が開発に成功

燃料電池+太陽電池を融合させる新触媒 九州大学が開発に成功

 印刷 記事を保存

九州大学(福岡県福岡市)の研究グループは10月5日、田中貴金属工業(東京都千代田区)らとの共同研究により、燃料電池太陽電池を融合する同一触媒の開発に成功したと発表した。

この触媒を用いると、水素をエネルギー源として燃料電池が、光をエネルギー源として太陽電池が駆動することが見出された。

この研究を行うきっかけについて、研究者は、自然界からヒントを得て、光がない時(夜間)は、「水素」を電子源とする水素酵素のごとく、光がある時(昼間)は「水」を電子源とする光合成のごとく駆動する触媒・電池の開発を思いついたと言う。

(※全文:675文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.