SBI、ソーシャルレンディングで再エネ事業に投資 韓国企業などと協業

  • 印刷
  • 共有

SBIソーシャルレンディング(SBISL/東京都港区)は10月13日、韓国の財閥グループ企業などと、再生可能エネルギー関連事業における、ソーシャルレンディングを活用した資金調達スキーム提供の協業で覚書を締結したと発表した。

SBISLが覚書を締結したのは、韓国の財閥グループの総合商社であるGS Global Corporation(GSG)と、韓国三大生保で機関投資家である教保生命保険の日本子会社である教保生命アセット・マネジメント・ジャパン(KLAM/東京都千代田区)、玄海インベストアドバイザー(東京都千代田区)。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報