> > 「竹」専焼のバイオマス発電所、山口県に建設へ 竹害解決に期待

「竹」専焼のバイオマス発電所、山口県に建設へ 竹害解決に期待

 印刷 記事を保存

藤崎電機(徳島県阿南市)は、世界初という竹を燃料として専焼するバイオマス発電所の第1号を、山口県山陽小野田市の小野田・楠企業団地内に建設する。その起工式を10月17日に執り行った。

この発電所の出力規模は約2MW。投資額は約21億8,000万円。2017年12月の着工、2019年1月の操業開始を予定している。年間想定発電量は約15,800MWhで、一般家庭約4,860世帯分の年間電力消費量に相当する。年間CO2削減量は約8,223トンを見込む。

同社は、2015年に7月に、ドイツのランビォンエナジーソリューションズ(ランビォン社)と竹も燃焼できる炉を開発し、竹専焼バイオマス発電所事業を開始すると発表していた。第1号発電所の着工は当初の予定より約2年遅れた。これについて、同社総務部は「建屋やチップの調達などの課題を解決するために、想定以上の時間がかかったため」と説明している。

(※全文:814文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.