> > 大阪府、夏の「クールスポット」設置に補助金 公募3回目

大阪府、夏の「クールスポット」設置に補助金 公募3回目

 印刷 記事を保存

大阪府は11月16日、屋外空間における夏の昼間の暑熱環境を改善するため、人が涼しく感じる場所「クールスポット」をモデル的に創出する事業に対する補助金の2018年度第3回公募を開始した。

この「クールスポットモデル拠点推進事業」は、「大阪府環境保全基金」を活用し、前述のように屋外空間における夏の昼間の暑熱環境を改善することを目的に実施しているものだ。

補助率は1/2、上限は400万円

今回採択するのは1事業の予定。1事業あたりの補助金額は対象経費の1/2で、上限は400万円。企業単体でも複数でも応募できる。

実施する取り組みは、屋外空間における暑熱環境改善設備の導入によるクールスポットの創出。具体的には、民間事業者の敷地への日除け、ミスト発生器、打ち水ルーバー、保水性・遮熱性舗装、遮熱塗装、地上部緑化、建築物緑化など、暑熱環境改善設備と緑化を組み合わせたクールスポットづくり。また、クールスポットであることや暑熱環境改善の仕組みなどを表示した看板等を設置することも求められている。

(※全文:961文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.