> > 電気・ガスの契約、変更しない理由の約4割「メリットが分からない」

電気・ガスの契約、変更しない理由の約4割「メリットが分からない」

 印刷 記事を保存

電力・ガス取引監視等委員会は、電気の購入先・料金プラン変更者と都市ガスの購入先変更者を対象に、消費者の選択行動に関するアンケート調査を9月に行った結果を公表した。

これによると、多くの電力・ガスの購入先などの変更者が、変更するまでの過程で、販売会社ホームページの料金のシミュレーションや比較サイトを利用。その結果を踏まえて、料金が安くなることを期待して、購入先やプランを変更していることがうかがえた。

変更者の約4人に1人が比較サイトを利用

電力・ガスの購入先・料金プランの変更者に、変更を決定するまでの過程で行ったことを聞いたところ、トップはともに「電力・ガス会社のホームページで料金のシミュレーションをした」(電気38.2%、ガス34.4%)だった。

また、電気で「各社の電気料金を比較しているサイトを見て調べた」の割合は、前回調査に比べて減少(34.0%→26.1%)し、「各社の広告・チラシ・DMなどを見た」人が増加した(17.2%→24.3%)。

ガスで「各社のガス料金を比較しているサイトを見て調べた」は24.1%、「各社の広告・チラシ・DMなどを見た」は23.6%となっている。電気もガスも、約4人に1人が比較サイトを利用していることになる。

(※全文:1446文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.