> > 母校の小中学校の屋根で発電した電気を買える「学校応援でんき」登場

母校の小中学校の屋根で発電した電気を買える「学校応援でんき」登場

 印刷 記事を保存

NTTスマイルエナジー(大阪市中央区)とみんな電力(東京都世田谷区)は11月1日、柴田工業(愛知県名古屋市)、大阪府高槻市との協力により、電気代の一部が母校などへの応援金に還元される電力サービス「学校応援でんき」を開始すると発表した。サービスの受付・提供開始は2018年1月の予定。

このサービスは、高槻市立の小中学校の屋根に設置する太陽光発電設備で発電した電力を、小売電気事業者のみんな電力が全国の消費者、とくに設置した学校の在校生や卒業生の家族に販売するもの。

消費者がこのサービスの電力を購入することで、母校などに太陽光発電設備を設置した高槻市へ応援金が還元される。また、学校施設や自治体などは、応援金に加えて「太陽光設備設置による使用料」を見込めるため、施設の改修費などに充てることができる。

(※全文:772文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.