> > あの「水に浮く超小型EV」FOMM、ヤマダ電機が販売へ

あの「水に浮く超小型EV」FOMM、ヤマダ電機が販売へ

 印刷 記事を保存

ヤマダ電機(群馬県高崎市)は10月31日、小型電気自動車(EV)の開発を手掛けるFOMM(神奈川県川崎市)と資本・業務提携したと発表した。

今後、日本全国の家電量販店ネットワークを活用して、FOMMが開発する小型EVを販売する計画。

さらに、グループ店舗でのバッテリーチャージング、カーシェアリングスマートハウス事業との融合による環境負荷を低減する住まいづくりなど、次世代モビリティ・ビジネスの構築を目指す。

同社は、EVを「21世紀の新しい家電」と位置づけ、新たな発想とサービスを融合したビジネスを展開していく。

(※全文:805文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.