> > 低エネルギーな「近赤外光」で水から水素を発生させることに成功

低エネルギーな「近赤外光」で水から水素を発生させることに成功

 印刷 記事を保存

九州大学(福岡県福岡市)は10月27日、同大学院理学研究院/カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(WPI-I2CNER)/分子システム科学センターの研究グループが、低エネルギーな近赤外光を用いて、水から水素を発生させることに世界で初めて成功したと発表した。

従来、太陽光を利用した水からの水素エネルギー製造は、波長が600ナノメートルまでの可視光領域しか利用できず、太陽光エネルギーを十分に活用できない状況が続いていた。

そこで同研究グループは、分子内に3つのルテニウム中心を含有する金属錯体を光捕集分子として採用することで、近赤外光による水素発生反応を成功させた。

(※全文:747文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.