> > 超小型EV「コムス」を遠隔操作・自動運転させる研究開発用システム発売

超小型EV「コムス」を遠隔操作・自動運転させる研究開発用システム発売

 印刷 記事を保存

ZMP(東京都文京区)は11月8日、ドライビングコントローラで遠隔操作が可能な研究開発用超小型EV「RoboCar® MV2 2017 遠隔操作パッケージ」の販売を開始した。

このEVパッケージは、トヨタ車体(愛知県刈谷市)製超小型電気自動車「コムス」をベース車両とし、遠隔地のコンピュータで制御が可能なロボットカー「RoboCar MV2 2017」と、専用PC、Wi-Fiルーター、ステアリングコントローラで構成される。

ZMPオリジナル制御コントローラ、自動操舵システム、自動ブレーキシステムを搭載しており、基本機能としてコンピュータによるステアリング・アクセル・ブレーキを制御可能とした。EVとの通信はWiFiを使用し、半径約40メートルの範囲で実験に対応する。

(※全文:893文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.