> > 未来は明るい?!ニューヨークの農業イベントから考える都市農業の「今」

未来は明るい?!ニューヨークの農業イベントから考える都市農業の「今」

 印刷 記事を保存

2017年9月16日からの6日間、ニューヨーク市にて開催された都市農業イベント「NYC Agtech Week 2017」。屋上ファームや完全人工光型植物工場、配達農業(Distributing Farming)に挑戦するキノコ生産など、最新事例を通じて「なぜ?多くの起業家が都市型農業ビジネスに参入するのか?」その本質を探っていく。

1. NYC Agtech Week 2017について

イーストリバー越しにマンハッタンの高層ビル群を臨むニューヨーク市ブルックリン区。1970年代以降の相次ぐ工場閉鎖を受けて犯罪者の巣窟となった「不潔な街」は、21世紀に入り、創造的な若者が集まる「流行の発信拠点」へと、華麗な変貌を遂げつつある。


この記事は、たとえば

  • 植物工場ビジネスへの参入を検討する事業者にとって、海外での導入事例として参照できます。
  • 都市農業の振興を検討する自治体・政府関係者にとって、海外の政策事例として参考になります。
  • 植物工場や都市型農業に対し製品・サービスを提供する企業にとって、海外での展開事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.