> > 5大学対抗ZEHモデル住宅コンテスト、2校が超高断熱真空ガラスを採用

5大学対抗ZEHモデル住宅コンテスト、2校が超高断熱真空ガラスを採用

 印刷 記事を保存

日本板硝子(東京都港区)は11月16日、同社が2017年10月より販売開始した超高断熱真空ガラス「スーパースペーシア®」が、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及プロジェクト「エネマネハウス2017」参加団体の近畿大学と、首都大学東京がそれぞれ建築するZEHに採用されたと発表した。

この断熱真空ガラスは、同社の真空ガラス「スペーシア®」の半分以下の薄型(暑さ10.2ミリ)で、熱貫流率は0.65W/(m2・K/平方メートル・ケルビン)。スペーシアの1.4W/(m2・K/平方メートル・ケルビン)を大きく上回る性能を持つ。これは断熱材として使用されるグラスウール50ミリ厚と同等以上の性能となる。

(※全文:1491文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.