> > 発展途上国で新設された太陽光発電、容量が前年比1.5倍(34GW)に

発展途上国で新設された太陽光発電、容量が前年比1.5倍(34GW)に

 印刷 記事を保存

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)は、年次調査プロジェクト「Climatescope」において、発展途上国71カ国を対象に、最新のクリーンエネルギーの動向に関する調査を行った結果を発表した。

これによると、新興市場71カ国において、2016年に新規に導入された太陽光発電の総導入容量は34GW。2015年比では54%増となった。クリーンエネルギーの投資減少にもかかわらず、発展途上国における2016年の太陽光発電開発は新記録を達成したとレポートしている。

2016年単年の総導入容量はインドの年間電力需要と同じで、またペルーやナイジェリアのすべての家庭の需要を賄うことができる。

(※全文:1758文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.