> > スーパーソルガムの残滓、火力発電混焼用のバイオマス燃料に

スーパーソルガムの残滓、火力発電混焼用のバイオマス燃料に

 印刷 記事を保存

ソルガム・ジャパン・ホールディングス(東京都品川区)は、タイのSIAM FOREST MANAGEMENT COMPANY LIMITED(SFM)と、バイオマス製品の事業化などに関する基本合意(MOU)を、2017年11月8日付で締結したと発表した。

両者は今後、植物のスーパーソルガムを原料としたバイオマス製品(スーパーソルガムペレット、スーパーソルガムサイレージ飼料など)の事業化に向けた実証試験栽培プロジェクトや、その他の将来性が見込まれる事業に取り組んでいく。

スーパーソルガムの残滓で燃料ペレットを作る

スーパーソルガムは、サトウキビより草丈が大きく、高糖度で1年間に2回収穫ができる干ばつや多雨に強い原料作物(モロコシ)。

(※全文:842文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.