> > 福岡でスマートシティ向けデータ流通システムの実験 データを無償提供

福岡でスマートシティ向けデータ流通システムの実験 データを無償提供

 印刷 記事を保存

日本電気(NEC/東京都港区)とさくらインターネット(大阪府大阪市)は12月5日、EUの次世代インターネット官民連携プログラム(FI-PPP)で開発・実装された基盤ソフトウェア「FIWARE(ファイウェア/次世代インターネット基盤ソフトウェア)」を活用したスマートシティ・スマートビル向けのデータ流通システムの共同実証実験を、2018年3月から福岡県福岡市で開始すると発表した。期間は、2018年3月から1年間の予定。参加者は今後広く募集する。

スマートシティ構築に向けてノウハウを得る

実証実験では、スマートシティ・スマートビル向けに、交通、エネルギー、環境、観光、防災などさまざまな分野・領域のデータ流通システムを構築し、データを利用するステークホルダーのニーズ・課題抽出、環境構築・運用ノウハウなどを収集する。

具体的には、さくらインターネットの提供する「さくらのクラウド」上に、NECがFIWAREに準拠したデータ流通環境を構築し、これを企業・団体・個人などの実証実験参加者に無償提供する。実験対象エリアは、福岡県福岡市とその周辺。

(※全文:1239文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.