> > 三井住友建設、水上太陽光発電システムで台湾進出 現地FITが追い風

三井住友建設、水上太陽光発電システムで台湾進出 現地FITが追い風

 印刷 記事を保存

三井住友建設(東京都中央区)は、自社開発の水上太陽光発電用フロートシステム「PuKaTTo(プカット)」の販売を行う現地法人を台湾・台北市に設立、12月1日に開所式を執り行った。現地法人の資本金は2億円、出資比率は同社が90%、台湾現地資本が10%。

水上太陽光発電事業の検討が活発化

台湾には、日本と同様に多くの農業用ため池や広大な面積の塩田跡地が存在する。また、2025年までに再生可能エネルギーによる発電割合を20%にまで引き上げるというエネルギー政策を掲げている。

(※全文:952文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.