> > 楽天、CO2排出権の取引システム始動 ブロックチェーン技術を活用

楽天、CO2排出権の取引システム始動 ブロックチェーン技術を活用

 印刷 記事を保存

楽天(東京都世田谷区)は、法人の顧客を対象に、「J-クレジット」の購入や売却を行うことができる、ブロックチェーン技術を活用した取引システムの提供を12月11日より開始した。システム名は「Rakuten Energy Trading System(REts(レッツ))」。

J-クレジットの購入を希望する顧客は、システム上に登録されたJ-クレジットの商品一覧の閲覧が可能となる「閲覧会員」(無料)または、閲覧とJ-クレジットの購入が可能となる「購入会員」(登録料15万円/税抜)になることで、このシステムを利用できる。

「購入会員」になるには所定の申込書の提出と審査がある。ただし、J-クレジットの売却を希望する顧客は、誰でもこのシステム上の問い合わせページから連絡し、個別契約締結後に売却できる。

(※全文:1384文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.