四国電力、伊方原発の運転差止め仮処分に異議申し立て

  • 印刷
  • 共有

四国電力(香川県高松市)は12月13日、広島高等裁判所が愛媛県西宇和郡にある伊方発電所3号機(伊方原発3号機)の運転差止めを命じる仮処分決定を下したことを受け、異議申立ての手続きを行う声明を発表した。

同高裁は、海を隔てて約130km離れている熊本県の阿蘇山が過去最大規模の噴火をした場合、高温の煙「火砕流」の影響を受けないとはいえないと判断。差止め期間は2018年9月30日までとした。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報