> > 四国電力、伊方原発の運転差止め仮処分に異議申し立て

四国電力、伊方原発の運転差止め仮処分に異議申し立て

 印刷 記事を保存

四国電力(香川県高松市)は12月13日、広島高等裁判所が愛媛県西宇和郡にある伊方発電所3号機(伊方原発3号機)の運転差止めを命じる仮処分決定を下したことを受け、異議申立ての手続きを行う声明を発表した。

同高裁は、熊本県の阿蘇山が過去最大規模の噴火をした場合、火砕流の影響を受けないとはいえないと判断。差止め期間は2018年9月30日までとした。

仮処分決定に対する四国電力の見解

同社は、声明のなかで同発電所3号機における基準地震動の合理性や火山事象に対する安全性の確保などについて、裁判所に丁寧に主張・立証を行ってきたと主張。その上で、抗告の棄却を求めていたと述べている。

(※全文:863文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.