> > AGC旭硝子も自社工場でZEB建設 自社製品でエネルギー削減率114.7%

AGC旭硝子も自社工場でZEB建設 自社製品でエネルギー削減率114.7%

 印刷 記事を保存

AGC旭硝子(東京都千代田区)は12月13日、茨城県神栖市にある同社鹿島工場にネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)施設の建設を開始したと発表した。竣工は2018年12月の予定。

この取り組みは、「自社製品で省エネ・創エネを実現」をテーマに、同社の省エネ・創エネ製品を活用し、消費量を上回るエネルギーを創出する事務所棟を建設するもの。延床面積は1,435平方メートル、地上二階建て。

エネルギー削減率、114.7%

「省エネルギー」対策としては、遮熱性能を持つLow-E複層ガラス「サンバランス トリプルクール」と、ウレタンフォーム断熱材の原料「エクセノール」を活用する。これらによるエネルギー削減率は、50.4%。

(※全文:741文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.