> > 世界の水資源問題 農業用水のマネジメントで1歩先行くオランダ

世界の水資源問題 農業用水のマネジメントで1歩先行くオランダ

 印刷 記事を保存

太陽光利用型植物工場では世界NO.1の施設面積を誇る小国オランダ。日本だけでなく、世界中で普及しているPriva社をはじめとするオランダの生産システムだが、今後は人口爆発と都市人口の集中が予想される「アジア・アフリカ」地域にて、今までの植物工場ノウハウの応用と新たなエネルギー循環モデルの構築を目指している。

1. 農業技術で世界を席巻する小国オランダ

標準的なチーズバーガー1個の生産には、約2,700リットルの水が必要とされる。チーズバーガーの原料となる小麦、肉牛、その飼料となるトウモロコシなどの生産に膨大な水利用が求められるためである。


この記事は、たとえば

  • 植物工場関連の製品・サービスを提供する企業にとって、海外での最新事例・マーケット情報として参考になります。
  • 農業振興策を検討する自治体・政府関係者にとって、海外の政策事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.