> > 植物工場メーカーのNOUMANN、タイの研究機関と共同研究へ

植物工場メーカーのNOUMANN、タイの研究機関と共同研究へ

 印刷 記事を保存

福井県美浜町にて、大規模な完全人工光型植物工場を運営する株式会社NOUMANN(ノーマン)は12月15日、タイ国立遺伝子生命工学研究センター(BIOTEC)と、共同研究に関する基本合意書を取り交わした。

同社では今後、植物工場に関する知識、技術や資材、施設運営ノウハウなどを提供しながら、野菜の栽培に最適な環境条件などを共同研究していく。そのため、1年以内にタイのBIOTECの敷地内(バンコク)に共同で、タイ初の植物工場を建設する予定としている。


この記事は、たとえば

  • 植物工場ビジネスへの参入を検討する事業者にとって、海外での導入事例として参照できます。
  • 植物工場や都市型農業に対し製品・サービスを提供する企業にとって、競合他社の海外展開の事例として参考になります。
  • 植物工場ビジネスの海外展開を検討する事業者にとって、東南アジアの市場動向として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.