> > ソフトバンクなど、北海道でドローンによるスマート農業の実証開始

ソフトバンクなど、北海道でドローンによるスマート農業の実証開始

 印刷 記事を保存

ソフトバンク(東京都港区)とオプティム(東京都港区)は、北海道帯広市にて、ドローンをはじめとするスマート農業ソリューションを活用した実証実験を、2017年12月から共同で開始した。

ソフトバンクとオプティムは、今回開始した実証実験で、北海道帯広市内で大規模に栽培されている秋まき小麦について、帯広市清川エリア(約580ha)では固定翼ドローン「OPTiM Hawk」を活用した広範囲な空撮による地域全体の生育分析を実施している。


この記事は、たとえば

  • 農業振興策を検討する自治体・政府関係者にとって、他自治体での実施事例として参考になります。
  • 農業関係者にとって、効率化・省エネ化の施策の一例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.