> > 太陽光発電施設、災害時・廃止後の処分費用積立てを義務化する自治体も

太陽光発電施設、災害時・廃止後の処分費用積立てを義務化する自治体も

 印刷 記事を保存

茨城県北茨城市は、太陽光発電施設を適切に運用し、また将来的に大量に発生する廃棄物へ備えるために、設置者が適正な管理として行うべき必要事項を定めた条例を制定し、2018年1月1日に施行した。

対象は出力が500kW以上、または事業区域の面積が5,000m2以上

条例の対象となる設置者は、出力が500kW以上、または事業区域の面積が5,000m2以上の太陽光発電施設を設置する者。隣接する土地において、同一の者により太陽光発電施設が既に設置されている場合等は、両施設の出力または事業区域の面積を合算するものとなる。

(※全文:1,135文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.